キャッシングローンは自動車ローンの審査でデメリットも!心配な場合はリース契約という方法も!

銀行や消費者金融のキャッシングローンを契約している場合、『借金がある』や『いつでも簡単に借金ができる』と判断されてしまい、自動車ローンの審査では不利になる可能性があります。

特に車体価格が高額になるほど、審査が厳しくなってしまいます。

生活を送る上で自動車が必要な方は多く、高額ではないにしろ審査落ちすることもあります。

そのため、審査落ちのリスクを軽減するのであれば、キャッシング契約中はローン購入ではなく、リース契約という手段がおすすめです。

この場合、自動車の抵当権はリース会社に帰属するため、所有権が契約者に帰属するローンよりも審査が通過する可能性が期待できます。

信用状況に不安がある方は、リース契約を選択にすることがポイントになります。

リース契約も個人信用情報を活用しているため、将来的な信用度のアップも期待できます。