総量規制対象外で活用出来るサービスについて

消費者金融等に適用される総量規制は借金を安全に使えるようにする為の規制であり、これがある事によって過剰な借り入れを防ぐ事に繋がっています。

銀行は総量規制対象外ですから、年収の3分の1を超えた借金でも行えるようになっているのですが、消費者金融は年収規制がありますから、この基準を超えた借金は原則出来ない仕組みです。

ただし、消費者金融でも総量規制対象外で活用出来るサービスがあり、借金返済に特化したおまとめローン、個人事業主に対しての貸付、緊急医療費や高度医療費等の貸付、自動車ローン等が挙がり、借り入れの目的によっては規制対象外で大きな借金が出来る可能性もありますから、確認した上で申込みを行う事が必要になります。