キャッシング審査に落ちる時の意外な原因

“キャッシング審査に落ちる時の意外な原因についてあげていきます。

・少額クレジットカード代金を滞納している
・奨学金を滞納している
・保証会社付きの家賃を滞納している
・キャッシング行脚をしている
・小規模延滞を2回している
クレジットカード会社によっては、少額の代金の滞納は事務手間がかかるので請求を1回したら諦める所があります。ただし、滞納状態は続いてますから、情報機関には通知されます。
奨学金や保証会社も信用情報機関に情報提供を行っていますので、ブラックリストに載った状態になっています。
キャッシング行脚は申込ブラックと呼ばれる状態で、小規模延滞はCICの情報は2年間分キチンと振り込まれているか表示されるので、ちゃんと返済し無い人との印象を受けます。

この様な覚えがある人は、一度信用情報機関に自分の情報を照会してみると良いでしょう。”