改正貸金業法で追加された総量規制・総量規制対象外とは?

以前は個人向けの融資において借入額の上限は設けられていませんでしたが、2010年に貸金業法が改正された時に「総量規制」が追加されました。
総量規制の主な内容とは、貸金業者での個人向け融資の総額は年収の1/3以下であること、50万円を超える場合の融資、他社との合算で100万円を超える融資には収入を証明する書類の提出が必要ということです。

このことにより何が変わったかと言えば、以前は借入れが可能だった専業主婦の借入れが、基本的にできなくなったことです。
ただし、これは貸金業法で営業をしている消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどが対象となっています。

一方、同様にカードローン商品を取扱っている銀行ではどうかと言えば、銀行業法で営業をしているために、「総量規制対象外」となっています。
要するに銀行では総量規制の影響を受けていないことになり、年収の1/3を超えてしまっていても更に借入れをすることは可能です。

専業主婦の借入れについても法律的には可能です。

ただし、銀行によっては収入のない主婦に対する融資については、厳しい対応をしているところも多く、専業主婦が銀行カードローンの利用ができるかということについては、ケースバイケースと言えるようです。

それでも総量規制対象外となっている銀行カードローンは、申込みの段階で門前払いとなってしまう消費者金融に比べれば、借入れできる可能性は高いと言えるかも知れません。
もっともその場合、旦那さんに安定した収入があることが前提になるので、その場合も加味して考える必要があるでしょう。